紫外線対策と言えばクリームを塗ったり、日傘を使ったりしますが、サプリを服用する事でも日焼け止め対策になるのです。では紫外線対策になるサプリの特徴とはどのような事でしょうか。

・飲む日焼け止めサプリ

飲む日焼け止めサプリメントを服用する事で、紫外線対策になります。ではなぜサプリを飲む事で紫外線に効果があるのでしょうか。飲む日焼け止めサプリは肌に塗るタイプの紫外線対策クリームとは違い、お肌の表面から紫外線をはじくわけではありません。

 
飲む日焼け止めサプリの目的は肌で浴びた紫外線による影響を小さくする事です。紫外線によって起きる肌トラブルは紫外線の影響で作られた活性酸素によるものです。活性酸素が増加し過ぎる事から肌細胞が酸化してしまい、細胞が錆びてくるのです。
この活性酸素が増える事を防ぐ事により、紫外線により肌トラブルを予防するのです。

・含まれる成分

日焼け止めサプリには有効成分が含まれますが、それには主には3つあります。まずはニュートロックサンです。この成分はシトラス果実、ローズマリーから採る事ができる天然のポリフェノールの事です。
ニュートロックサンは1日当たり250mgを85日間摂れば紫外線の影響を60%防ぐ事ができると言われています。次にリコピンです。これはトマトなどに含まれる赤色の色素の事ですが、リコピンには強い抗酸化作用があります。

 
その効果により紫外線によりもたらされる活性酸素を取り除く事ができるです。紫外線そのものを防ぐというよりは、紫外線で受けるダメージを弱くする事ができます。そしてPLエキスやFernblockも有効です。
酸化される事を抑える効果と日焼けなど赤みを予防する作用がある事から、医療の現場もでもよく使われます。

・飲む日焼け止めサプリの副作用は

基本的な事を言えば飲む日焼け止めサプリにおいて副作用を気にしなくても大丈夫です。理由は主成分が植物から抽出できるものだからです。

・サプリを選ぶ時のポイント

サプリを選ぶ時にはその成分量は重要です。日焼けに効果がある成分が配合されていても、基準値に満たないほどに少ないのでは、紫外線対策の有効性をあまり期待できません。また、国産の製品である事が重要です。

 
例えばアメリカなどで製造されている製品も購入できますが、日本人の肌質には適しません。紫外線は年中降り注いでいます。そして太陽光線による肌老化は気を付けないと老ける事を早めます。
外から肌に塗るタイプの日焼け止めも効果的ですが、飲む日焼け止めサプリも使うようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です